山形市立第四小学校

お知らせ

租税教室(6年生)

2019/01/18

 「税金がないと、どんな世の中になってしまうの?」…橋が壊れても誰も直さず、信号機が止まって交通事故が多発、事故に遭っても「お金がかかるから」と言って救急車は呼べず、街中は収集しきれないゴミであふれかえり…。お互いの生活を支え合う国の制度として整備されている税金について、山形法人会の方々にわかりやすく教えていただきました。
 また、教育にも税金は欠かせません。すべての子どもが教育を受けられることを保障し、よりより学校教育のために税金が使われています。その仕組みや大切さ、自分のくらしとの密接なつながりを実感できた学習となりました。